プライバシーポリシー


Google Analyticsの補足

このホームページはGoogleが提供するウェブ解析サービス「Google Analytics」を使用しています。Google Analyticsは、ホームページの利用状況をウェブ解析するため、「cookie」を使用しています。「cookie」とは、お客様のコンピューター上に置かれるテキストファイルのことをいいます。cookieによって生成されるお客様のホームページ利用情報(お客様のIPアドレスを含む)は、アメリカ合衆国のサーバーに送信、保管します。Googleは、お客様の行動に関するこれらの匿名化された情報を、お客様によるホームページの利用を評価するため、ホームページ運営者のためにホームページ活動報告を収集するため、およびホームページの活動およびインターネットの利用に関連のある他のサービスを提供するために使用します。またGoogleは、上記のほかにも、これらの情報を、法律の規定に基づいて情報を提供すべき第三者もしくはGoogleのために情報を処理する第三者がいる場合には当該第三者に対して提供することがあります。Googleは、お客様のIPアドレスとGoogleが保有する他のデータを関連付けることはありません。お客様は、ご使用のブラウザで適切な設定を選択してcookieの使用を拒否できますが、その場合、本ホームページの完全な機能が利用できない場合がありますのでご注意ください。本ホームページの利用があったときは、Googleが上記の方法および目的でお客様に関するデータを処理することについて、お客様の同意があったものとみなします。またプラグインをインストールするとcookieやIPアドレスの収集を防ぐこともできます: http://tools.google.com/dlpage/gaoptout

Google アナリティクスによるデータの使用を無効にするにはこちらをクリックしてください。無効にすることで、今後このホームページはあなたのデータを収集しません。

利用規約とプライバシーポリシーの詳細につきましては以下のURLにてご確認ください。 Google アナリティクス サービス利用規約 / Google のプライバシー ポリシー. このホームページでは、IPアドレスの匿名化(IPマスキング)を確実に実行するため、Google Analyticsを「gat._anonymizeIp();」コードで拡張しています。


reCAPTCHA

このホームページはインターネット上のフォームへ投稿されるスパムなどからサイト守るため、Google Inc.(グーグル)が提供している reCAPTCHA サービスを採用しています。このサービスは投稿者が人間なのかロボットなのかを判定するもので、GoogleはIPアドレスの取得を含むその他のデータをこのサービスのために収集します。またこの目的のため、入力されたデータはGoogleによって利用されます。ただし、EUまたは欧州経済領域の場合、IPアドレスはあらかじめ匿名化されます。例外的なケースとして、USではIPアドレスがGoogleに送信されたあとに匿名化されます。
Googleはお客様によるサイトの利用を評価するため、サイトの運営者に代わって、この情報を利用します。
お客様のブラウザからreCAPTCHAによって収集されたIPアドレスとGoogleが保有する他のデータを関連付けることはありません。
このデータ収集はGoogleのデータ保護規則のもと行われています。
Googleプライバシーポリシーの詳細については以下のURLにてご確認ください。 https://www.google.com/intl/de/policies/privacy/
reCAPTCHA サービスを利用することによって、上述したGoogleの目的およびデータ収集に同意したことになります。


休診のお知らせ

  9/29(金) 午前休診

 

とさせていただきます。

午後は通常の診察です。

お迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

受付時間

午前9:oo〜12:30

午後16:30〜20:00

 

12:30〜16:30は手術・往診の時間となっております。緊急対応はお受けでときない場合がありますのでご了承ください。

 

 

 

2017年

10月

05日

犬猫にとって危険な野菜と果物

実りの秋。食欲の秋。

食べるの大好き!!な私にとってはとても嬉しい季節ですが、

愛犬にとっては危険なものもあるので注意しなくてはいけません。

 

気になって調べてみたら、動物にとって危険な野菜や果物がたくさんありました。

その数ある中から自宅の冷蔵庫にあったものをピックアップしました。

ご参考になれば幸いです。

 

続きを読む

2017年

7月

21日

犬猫にとって危険な植物

私達を和ませてくれる植物も毒になることがあるそうです。

 

 

以前、愛犬が散歩中に葉っぱの先を舐めたり銜えたりしたことがありました。

気になりネットで調べると毒を含む植物があることを知りヒヤリとしました。

以来、植物を口にしないよう注意していますが、

植込みに肥料がおいてあったり、葉っぱに毛虫がついていたり、農薬を散布していたり、など

間接的な被害にも注意が必要だと感じました。

 

犬猫にとって危険な植物は数百種以上と言われています。

有毒植物に触れたり、口にすることで、

皮膚炎、下痢、嘔吐、痙攣、呼吸困難などをおこしたり、

強力な毒や大量摂取によって死に至ることもあるそうです。

また、有毒植物を活けていた水も危険な場合があるそうです。

 

万が一口にしてしまった場合は、「すぐに受診する」

受診が無理なときは、「獣医師に連絡し指示を仰ぐ」など、

早急な対応が必要とされます。

 

 

野菜や果物も犬猫にとって毒になるものがあるそうです。

食物アレルギーをおこす可能性もあり注意が必要だと言われています。

こちらに関しては、別途ブログで取り上げたいと思っております。

続きを読む

2017年

7月

11日

知っててよかったこんなこと

動物看護士の鰐川と申します。

 

小さな頃から動物と関わってきて「教わったこと」をいくつか挙げてみました。

 

●犬猫も毎日歯磨きをした方がいいこと

  虫歯はレアですが歯周病が多く見られます。歯周病予防には歯磨きが効果的といわれています。

  詳しくは以前のブログをご参考になさって下さい。

 

●耳掃除を行うこと

  暑い季節は蒸れやすく特に注意が必要です。

  お掃除の方法は、見えている部分と指が届く範囲を濡らしたコットンやウェットティッシュなどで拭きます。

  アルコールを含むもの、熱い蒸しタオルはNG!!!

  刺激が強く痛みを伴うことがあるそうです。また、殺菌効果は期待できないそうです。

  臭う、頭を振る、痒がるなどは病気のサインかもしれません。

 

●肛門腺絞りをしないと破裂することがあること

  肛門の左右に分泌液が溜る袋状の肛門嚢があります。

  分泌液は排便の際に出ますが自分の力で出せない場合もあり定期的(1か月に1回程度)絞る必要があります。

  溜ってしまうと痒みや炎症がおき腫れたり出血することがあります。

 

●動物も便秘になるということ

  便が3日以上出ない、排便の回数が減った、便がいつもより硬くて細い、吐く、食欲低下などがサインです。

  便秘はとても苦しく、放置すると重症化しにかかわることもあるそうです。

  摘便、便秘薬の経口投与、療法食などの処置があります。

 

●動物も熱中症や低体温症になること

  熱い・寒い環境に長時間放置されるとおこります。

  熱中症は飼い主様によって防ぐことが出来ます。

  危険なのは!!

  空調設備offの部屋でお留守番、車の中、暑い中外出をする、屋外の日蔭のない所に繋ぐ、などです。

  また、ハムスターやウサギなどの小動物は体が小さく短時間で熱中症にかかると言われています。

  室内飼育では直射日光を避け、空調設備を利用した方がいいようです。

 

●動物だけにできる点滴方があること

  皮下に入れた液体が細血管から徐々に吸収されていきます。皮下補液や皮下輸液といいます。

  主に水分補給や栄養補給のために行います。約5~10分程度の処置で入院が必要ありません。

 

歯みがきや耳掃除などもそうですが

動物の体によく触れることで変化に早く気付くことが出来ます。

早期発見、早期治療により回復にかかる時間も短くなると言われています。

  

 

 

ブログをご覧になった方々に「そんなことあるんだ」「知ってて良かった」と

思って頂けたら幸いです。

 

今後とも宜しくお願い致します。